外来を受診される方 足の病気・けが(変形性足関節症)

足の病気・けが(変形性足関節症)

担当グループ

足外科グループ

診療時間

毎週水曜日 午後

診療する主な疾患

リウマチ足変形、外反母趾、変形性足関節症、後脛骨筋機能不全(扁平足)、強剛母趾、足関節不安定症、蹠側板損傷、骨癒合症、腓骨筋腱脱臼、モートン神経腫など(骨折は外傷診、小児の足変形は小児整形診が担当)

変形性足関節症

概要

変形性足関節症とは足首の関節の軟骨がすり減って関節に痛みを生じる状態です。軟骨がすり減る原因には加齢によるもの、過去のけが(骨折や捻挫)によるもの、疾患によるもの(関節リウマチなど)があります。主な症状は足首の腫れと痛みで、進行すると歩行が不自由になるなど日常生活に支障を来すようになります。

正常な足関節(足首の関節の隙間は綺麗に保たれている)
変形性足関節症(足首の内側で関節の隙間が消失している)

治療

軟骨の傷みがまだ軽度な場合は、装具、足底板(インソール)、痛み止めや炎症止めの関節内注入などの保存的治療(手術をしない治療)が有効なことがあります。保存的治療で痛みのコントロールが困難なケースでは手術的治療が行われます。手術的治療は、軟骨の傷み方や変形の重症度に応じて、骨切り術による関節形成術、足関節固定術、人工足関節置換術などが選択されます。

骨切り術
足関節固定術
人工足関節置換術

INFORMATION

研修についてのお問い合わせTRAINING INFORMATION

研修についてのお問い合わせはこちらから
お問い合わせください。

外来診療をご希望の方へOUTPATIENT GUIDE

当院は原則予約制です。
「東大病院予約センター」でご予約ください。