外来を受診される方 背骨や脊髄の病気(後縦靱帯骨化症)

背骨や脊髄の病気(後縦靱帯骨化症)

MRIやCTなどの資料をお持ちになるとスムーズです。
ご家族の方と一緒にいらっしゃることをおすすめします。
手術を一度受けている方のご相談は、主治医の先生から直接ご連絡をお願いします。

担当グループ

脊髄グループ

診療時間

毎週木曜日 午後

診療する主な疾患

頸椎症性脊髄症、後縦靱帯骨化症、環軸椎亜脱臼、頭頚移行部・上位頚椎(環軸椎亜脱臼、歯突起後方偽腫瘍、歯突起骨折)、関節リウマチ(環軸椎亜脱臼、頚椎すべりなど)、圧迫性頸髄症(頸椎症性脊髄症、椎間板ヘルニア)、圧迫性胸髄症(椎間板ヘルニア、黄色靱帯骨化症など)、脊髄腫瘍・馬尾腫瘍、脊椎腫瘍、小児頚椎疾患(ダウン症、Klippel-Feil症候群、Morquio病など)

後縦靱帯骨化症(こうじゅうじんたい こつかしょう)

概要

後縦靱帯骨化症(OPLL)は、脊髄の通り道の中にある靱帯が骨に変化し、そのため脊髄が圧迫される病気です。50代以降にみられることが多く、診断にはMRIとCTの検査が重要です。

治療

東大では中村耕三教授を中心に、後縦靱帯骨化症(OPLL)の原因の解明と治療法の確立に努めてきました。頚椎の後縦靱帯骨化症(OPLL)の場合には、主にくびの後ろがわから神経の通り道をひろげる手術をおこなっています。靱帯骨化のタイプによっては、くびの前がわから手術をすることもあります。手術用顕微鏡を用いて、愛護的な手術を心がけています。手術中に超音波装置を使って、脊髄の圧迫が解除されたことを確認しています。胸椎の後縦靱帯骨化症(OPLL)はまれな病気です。胸椎後縦靱帯骨化症(OPLL)の手術治療には高度な専門性を要します。東大で特に力をいれている分野です。

INFORMATION

研修についてのお問い合わせTRAINING INFORMATION

研修についてのお問い合わせはこちらから
お問い合わせください。

外来診療をご希望の方へOUTPATIENT GUIDE

当院は原則予約制です。
「東大病院予約センター」でご予約ください。