整形外科について 外傷診

グループ概要

運動器外傷には、様々なジャンルがあります。膝関節、肩関節、骨盤など、様々な部位を扱います。マイクロサージェリー、脊椎外科など幅広い技量が必要です。交通事故後の高エネルギー外傷から、高齢者脆弱性骨折のように低エネルギーにも関わらず生存に関わるものもあります。
カバーしなければならない範囲は大変広く、整形外科医としてのスキルは飛躍的に向上します。また救急医療を通して、全身管理に自信がつきます。

スタッフのご紹介

診療実績

大腿骨近位部骨折の最適な治療が必要とされています

高齢化に伴い増加している大腿骨近位部骨折は患者のADLを大きく損なう可能性があります。最適な治療を行い機能障害を最小限に抑えることで、介護保険制度・社会保障制度などを介した社会に対する負担を軽減することが可能です。高齢者は様々な内科的疾患や認知症などの精神疾患を抱えていることが多く、高度な医療を提供している当院のかかりつけ患者にあってはこの傾向は顕著です。外傷診では老年病科と協力してorthogeriatrician(整形老年病科医)による全人的包括的な治療を提供できる体制づくりをしています。また、予防医学として「転倒・骨折による高齢入院患者の身体的および環境な要因を探索する観察研究」を行っています。

INFORMATION

研修についてのお問い合わせTRAINING INFORMATION

研修についてのお問い合わせはこちらから
お問い合わせください。

外来診療をご希望の方へOUTPATIENT GUIDE

当院は原則予約制です。
「東大病院予約センター」でご予約ください。